大ネタ小ネタ。あざらし通信
  • 2017/08
  • 2017-09 :
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2017/10
教えて!あざらしさん! 其の弐
2011年07月14日(木) 11:00
今回はチームあざらしにメールや口頭で寄せられるご質問の中で
よく質問を頂く代表的なものにご返答させていただきます。
もちろん頂いたご質問には個別に返答させていただいておりますよ♪


Q「あざらしの見本ボディーってどんな塗料使ってるの?」

A
殆どの部分をファスカラーで塗装しています。
青い部分はファスカラーの#40151 ファスカラー ブルー[FASESCENT]です。
下地で色の見え方が変りますが最近のお気に入りはこのブルーに白下地です。
ファスカラーは水性ですので、水で薄めたりエアブラシを洗浄できたりと
取り扱いが簡単で便利ですよ♪
 
このボディーのピンクの部分はSpazstixを使用しています。
淵のグラデーションが 「ファイヤーレッド」中が「ホットピンク」です。
Spazstixをファスカラーに重ねて吹くと、ファスカラーを侵す事がありますので
要注意です。Spazstixの蛍光色は発色が素晴らしいです。
洗浄をシンナーで行う必要がある事、結構匂いがきつい事はご留意下さい。



Q「DB-01に装着出来るボディーって無いの?。発売予定は無いの?」

A
残念ながら現在のラインナップにDB-01に装着可能なボディーはありません。
また発売の予定もありません。



Q「DT-02に装着できるボディーって無いの? アラルゴは載る?」

A
AZ-0018 クラッカボディーはカットラインの小変更で搭載可能なようです。
AZ-0030 カニックボディーは載る事は載るけどちょっとサイドが膨らんじゃいます。
AZ-0033 アラルゴは未確認です。形状からすると搭載可能だと思いますが・・・
「俺載せたよ♪」という勇者な方がいらっしゃいましたら是非情報提供して下さい。



Q「TLR22のボディー開発予定って無いの?」

A
現状では「やる気だけはある」としか・・・・



Q「SCやトラックのボディーは発売しないの?」

A
あれはデカすぎますw
デザイン画は描いた事がありますがどれもトラックとは呼べない不思議な物体になりました。
一応「電動オフロード専門メーカ」を標榜する以上、いつかは手がけたいな・・・とは思っています。



そんな訳で次回に続きます。
それでは♪皆さんも雨天の時は窓が閉まっているかを確認して下さいね(謎)
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
教えて!あざらしさん! 其の壱
2011年07月13日(水) 11:49
最近サーキットでお会いしたユーザー様や、メールなどで
「簡単綺麗にボディーやウイングをカットする方法を教えれ」
というお問合せを多く頂きます。

そこで今回はスプレンドウイングをモデルにあざらし流簡単カット術を
ご紹介したいと思います。
まあ、大したことじゃないんですけどね・・・・


用意する道具は

・スプレンドウイング(笑)
・使い慣れたカッター(デザインナイフじゃない方が使いやすいかもです)
・工作ばさみ(曲線ばさみは個人的に嫌いです)
・お気に入りのヤスリ(片側平面、片側曲面のタイプがつかいやすいっす)

デザインナイフを使わないのは刃の強度が足りないから。
マスキングテープを切るのはデザインナイフですが、ポリカを切るのには普通のカッターを使います。
適材適所が良い仕事の基本ですよ。


まずはハサミでウイングを一枚ずつに切り分けます。




モールドラインに従ってカッターを入れます。

このとき大事なポイントは
・力を入れすぎない
・カッターの刃はは可能な限り寝かせて使う
・直線部分は定規を使わないほうが上手く行くと思います。軽く、ゆっくりフリーハンドで。
刃を立てると不要な力が入り失敗の元になります。
この工程は「切る」のではなく「なぞる」くらいに考えて下さい。



上でつけたモールドラインのカッター傷に向けてはハサミを入れます。

これでウイングの余白部分をカッター傷から折って行く訳です。
ポイントは
・出来るだけ細かく分割
・折るとこを考えて直線的に折れるように分割
・ハサミはカッター傷まで入れず「寸止め」にしておく
スプレンドウイングでは矢印のような分割にしています。


これで内側(カッター傷の反対側)に余白部分を折って行くと・・・・
はい。ポキポキ簡単に余白部分を切り取れます。

ここで上手く切れずバリが残った場合はヤスリとハサミで修正します。
なれるとここまでの所要時間は5分弱です。



ダンパーの「逃げ」が必要な場合には、目安となるラインをマジックで書き込み
同じようにカッターを入れます。

このような部分は折にくいので、ラジオペンチなどで不要部分をつまんで、やや強引に
折りこみます。




はい。これでカット完了です。

後はマウントの穴をお好みの位置であけていただければOKです。
このような角がとがった部分はハサミでカットして丸めておきましょう♪




ボディーカットもこの延長です。
・カッターで切り込みを入れ
・ハサミで不要部分を細かく分割
・ポキポキ折る
だけです。


そんな訳で今回作例として切り出した塗装済みボディーは
チームあざらしwebshopにて販売中ですw




それでは♪皆さんもお気に入りのボディーを綺麗に切り出して下さいね♪
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る


 | HOME | 




Designed by GALPOP BLOG + GALPOP.NET ----- Powered by DTIブログ -----