大ネタ小ネタ。あざらし通信
  • 2017/07
  • 2017-08 :
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017/09
G Forceやるよ♪ 起動編
2013年09月13日(金) 10:33
ついに出荷貸が開始されたG ForceのESC。
電動オフロードに使用される方も多いと思います。



もちろん箱出しで使用しても十分パワフルな走行を楽しめますが
デフォルトのセッティングはオンロード向けとの事。
そこであざらし流のヌルイ使い方をレポートします♪

まずご用意いただきたいのがG0017 PROGBOXです。


G Forceは全ての設定変更をPROG BOXやPC LINKなどの外部デバイスを用いて行います。
セッティング変更用のお道具は何かしら用意したいところです。
スマホからwifiを介して設定を変更可能なアダプターやアプリケーションは順次用意されます。



まずはプログボックスをESCに接続して「ESC seting」の項目を選択。
Running modeで
・前進/ブレーキ
・前進/バック
・前進/ブレーキ/バック
を選択します。
バック有を選択しても前進の出力特性には影響はありません♪
ですのでここは使用条件に合わせてお好みでよいかと。
さすがにオフロードでブレーキ無しは無いと思いますがw


次に見ていただきたいのがTurboの項目。
デフォルトのセッティングではフルスロットル時にターボかかかるように設定されています。
オフロードではジャンプのスロットルコントロールでターボが効いてしまう事があるので
Turbo timing を0degに変更します。
モーターの出力特性にも依存しますがこれで基本はOKだと思います。

ブレーキはデフォルトの状態ですとちょっと初期の効きが強く感じるかも知れません。
この場合は1st stage brake rateを弱める方向でお好みの位置を探すと良いかと思います。

オーバーヒートプロテクションなどの項目はデフォルトのままでOKかと。



設定変更後は一度ESCの電源をOFFにして再度スイッチON。
これでセッティングの変更が反映されます。



本体の電源スイッチの赤点滅でブースト・ターボがOFFになっている事が確認できます。
※送信機電源がON場合。


これで基本はOK!
さあ!週末はサーキットにGO!ですよ♪


それでは。皆さんもHOBAOに萌えて下さいね♪(謎)

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
G Forceやるよ♪
2013年07月26日(金) 10:59
今年も全日本にエントリーしました♪
飛行機も取っちゃったしもう後には引けないです ((((;゚Д゚))))

その全日本まで約1ヶ月。やれる事は限られてます。
2WDはB-MAX2MRロンタム号あざらしモデファイ
4WDはレッドシールとグレイシールを持ち込みます。
3台とも地元サーキットではとてもよく走りますのでこちらはOK。
後はちゃんと運転できるかですねw

さてさて。
これまでパワーユニットに関してはびっくりするほどフリーダムだった
あざらしさんですが、新ブランド「G force」のフィールドテストを
させて頂く事になりました。



こちらが「G force」の製品たち
ハイエンドレース向けESC TS120(青い方)
ミドルクラスESC TS90(赤い方)
進角調整式モーター スーパーソニック 
進角固定式モーター スーパーヴェロシティー
などなど…
※スーパーソニックは市販時はガンメタアルマイトになります。


見た目は某メジャー製品に似ていますが中身は全く別物。
ケースの大きさも某V3系よりちょっぴり大きいそうです。
当然レースで使用するのは120AモデルのTS120になります。


こちらのESCはシリコンコードがハンダ付けされていない状態で
出荷されるとの事。約1mの12Gワイヤーと各色のヒシチューブが付属。
ファンは風量十分な静音タイプが付属します。
実際に電源を投入してましたが確かに静かかも…
しかしビス2点止めではビビリ音も発生します (´・ω・`)
この辺は販売開始までには対策されると思います。

ちなみに90AモデルのTS90はシリコンコードやキャパシタが配線済みです。
各種設定はTS120同様に行えます。

その設定は通常のプログラムカードはもちろんBlueToothアダプター(オプション)を
使用してiphoneやタブレットからの設定が可能です。





英語版のテスト用アプリの画面ですが…






このように感覚的に使えるインターフェースがステキなアプリで
ブーストやターボなどの設定が行えます。

アダプター自体はコンパクトですのでスピードパッションのように車載したままに出来れば
面白いですよね♪
とりあえず車載した状態でテストしてみます。
ぶっ壊れないか確認ですねw

ちなみに設定用アプリはiPhone用が先行開発されていますが
Android用も用意されるとの事ですよ♪

モーターはJMRCAの公認を取っていないので全日本には使用できませんが
ESCは4WDに搭載して全日本に出場します。

これらの製品は新興メーカーG Forceから今秋販売開始予定。
お値段もお求め安い価格帯に設定されるそうなのでご期待下さい♪



それでは。皆さんも大事な画像の入ったSDカードをフォーマットて慌てて下さいね♪
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る


 | HOME | 




Designed by GALPOP BLOG + GALPOP.NET ----- Powered by DTIブログ -----