大ネタ小ネタ。あざらし通信
  • 2008/04
  • 2008-05 :
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2008/06
クラッカ+X6
2008年05月29日(木) 15:51
クラッカボディーをX6に搭載してみました。
背景が汚いのは気にしないで下さい(笑)





X6のシャーシの大きさから考えても搭載は不可能と思っていましたが
やってみるとそれほど違和感がありませんね・・・・





横向き





後ろ向き



しかし問題が無いわけではありません。
ボディー後端はこんな状態です。


ボディーからシャーシがはみ出します(笑)
ノーマルボディーではキッチリと保護されるギヤ部分も豪快に露出です。
危ないですよね、これ。





これを「搭載可能」とは言えませんが、ノーマルボディーとはかなり違った
特性になると予想されますのでテストは行ってみるつもりです。

どんな走りを見せるのか楽しみです♪


それでは!
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
HDCサーキット
2008年05月18日(日) 23:16
札幌市新琴似に今年オープンする「HDCサーキット」のオープニング走行会に
参加してきました。HDCサーキットは以前このブログでも紹介させて頂きましたが
いよいよ屋外オフロードサーキットが本格始動です。

ちょっといびつですがサーキット全景はこんな感じです。



心配された天気もほぼ晴天。
走行会開始時刻には暑いくらいの気温になっていました。
久々登場のピットテーブルを展開して皆さん準備開始です。



現在は造成直後という事もあり、路面が落ち着いた状態ではなかったのですが
サーキットスタッフや有志の手で散水や補修を繰り返し行い、楽しく遊べるよう配慮していただきました。





実は僕は今シーズン初めての外ラジだったりします。
今回走行に持ち込んだ車両は
・B44(試作シャーシ仕様)
・X6(本日シェイクダウン)
の2台。B44はシンタニサーキットセットのままで持ち込みましたが路面状況と
レイアウトを確認してシンタニセットよりもオイル・スプリングともに
1ランク柔らかくして走行を開始しました。





今回は2駆4駆とも車のセットは触らずにタイヤセレクトとコース習熟に時間を割きました。
B44はどのタイヤを履いた時にも引っかかるような挙動を見せることがあったり、
リヤスプリングが柔らかすぎるのかヨレる動きを見せるのが気になりましたが
今日は我慢です。今日の僕の手持ちタイヤでは「コレだ!」というものは
見つけられませんでしたが、フロントブロックヘッド・レッド、リヤX3000・レッドが
バランスのいい組み合わせだと感じました。
※バランスは良いけど速くはないと思います (´・ω・`)

X6はキット標準セットで2パックほど走行しました。
想像以上に普通に走りますw
ジャンプがリヤ下がりになりやすい事やB4やアルティマに比べ曲がらなく
感じるのも事実ですが、車の姿勢が安定した状態でやたらと前に出る感触や
ブレーキングスタビリティーは秀逸です。
短所をつぶす方向のセットよりも長所を伸ばす方向のセットがいいのかな?
というのがファーストコンタクトの感想でした。

2駆に関しては良い前後バランスを得られるタイヤセットは見つけられませんでした・・・・


と小難しい事はさて置きとりあえず猿ラジです♪
埃にまみれてブッ飛んで転がって大笑い・・・ラジコンの原点ですね〜


今回完成したコースはオフロード初心者にも優しいコース、隣に造成予定の
コースは攻略が難しい上級者向けコースにしたいとの事でした。

今後はレース開催も視野に入れているとの事。
非常に楽しみです。




このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
全日本選手権2次予選
2008年05月12日(月) 11:02
今年度のJMRCA電動オフロードカー全日本選手権の北海道地区2次予選に参加してきました。

参加人数は多いとは言えませんが、根っからのバギー野郎が集合です♪
会場はおなじみシンタニサーキット






今回はデジカメのメモリーカードを忘れるという、ある種お約束のボケが炸裂しましたので
携帯カメラでの撮影です (´・ω・`)


今回僕が使用した車両は
オープンクラス アソシB44(テスト用のシャーシを組込仕様)
2WDクラス アソシB4 (もちろんクラッカボディー搭載!)




予選前の数週間でアンプを3つもやっつけてしまい、B44は急遽調達したブラシレスシステムをいきなり実戦投入。
2WDは昔のお気に入りアンプ「ノバック サイクロンTC」を搭載しました。

レース前のフリー走行では違和感無く走る事も確認できたし、まあコレで良いかなと。

僕は全日本予選では何か自滅系トラブルを引き起こすのが毎年の様式美になっているので
すが今年ももちろんやらかしました。

2WD→走行中に電池死亡
4WD→ノーコン食らってコースフェンスに全開ヒット〜車バラバラ(笑)

シンタニサーキットでローカルに有名な「おサルの呪い」かもしれませんが
考えて見れば全て自分の身から出た錆でして・・・・
恥ずかしい限りです。
そんな訳で僕の順位はともかく両クラスのトップ通過者のご紹介を。


まずは2WDクラス。

ご存知TRFの井土選手。
マシンはアソシB44 クラッカボディーを使って頂きました♪












オープンクラスのトップ通過は宮下選手
マシンはHBサイクロンD4WC








両クラスとも井土・宮下両選手の白熱のトップタイム争いは見ごたえ十分でした。
いや〜ああいうのは見てるのが一番楽しいですね(笑)


さてさて。
ようやく北海道も外ラジの季節がやってまいりました。
試したいこと山盛りなので、色々なサーキットにお邪魔したと思います。


それでは♪

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る


 | HOME | 




Designed by GALPOP BLOG + GALPOP.NET ----- Powered by DTIブログ -----