大ネタ小ネタ。あざらし通信
  • 2009/01
  • 2009-02 :
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 2009/03
製品開発余話
2009年02月14日(土) 22:53
本日は随分前に予告してすっかり放置していたウイング開発のお話です。

現在好評発売中の「AZ-0016 ブラーボウイングセット」のリヤウイングは
お客様からの「ダウンフォースが強すぎてコントロールしにくい場面がある」
とのご意見から開発を決意しました。
テーマは「コントロール性重視」です。
AZ-0001あざらしウイングのハイダウンフォース発生のキモはそのマウント位置の高さと
前面投影面積、ウイング面の角度です。
あざらしウイングについては、僕の理想のウイングを形にしたものなので
形状決定には悩まなかったのですが、ブラーボに関してはテーマに沿った
最適形状を探し出すまでに4ヶ月ほどかかりました。


開発中に試作し、実走テストしたウイングがこれ。








全部で5種類の試作品を製作しました。
これらのウイングを深川・輪厚・シンタニの各コースに持ち込み、タイムは参考
程度に、フィーリングを重視して最適形状を探しました。

特に重視したのは高速からのブレーキングスタビリティーとジャンプでの
コントロール性の良さです。
大きさやウイング面の角度など、ちょっとした事で大きく特性が変る事が解り
非常に面白い開発でした。
機能面以外では、材質の厚味と割れにくい形状の研究も随分としました。
ここで積み上げたノウハウはその後の製品開発にも生かされています。


開発時のメモが奥のノート。実は手前のノートは最近こっそり開発中の
新ビックリドッキリメカ第一弾の開発記録です。






こうして出来上がったのがおなじみのブラーボウイング。




昨年の世界選手権でブースに展示したのはできたてホヤホヤの6型でした。
ここからフロントスポイラーの開発に入り、昨年1月に発売となりました。
因みにブラーボウイングの名前の由来ですが・・・・
世界戦で展示していたウイングを見た外人さんが「ブラーボ♪」と言ってくれた
事から来てたりします。




フロントスポイラー開発余話はまたの機会に・・・・











このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
お前は俺か?
2009年02月10日(火) 22:10
またしてもご無沙汰です。

様々なHPやブログなどで話題になっていた「デュランゴDEX410」。
僕も非常に気になる車です。
デザインは他に類を見ないユニークさですし、何よりカッコイイ!
独自路線を突っ走るデザインの車は稀に出現しますが独自性とカッコよさを
兼ね備えた物は稀です。

特に注目したいのはボディーのデザイン。
シャーシと完全に融合していて見事の一言・・・・素晴らしい・・・
もう「お前は俺か?」というくらい好みのデザインです。
多分僕がデザインを手がけても似た感じになりそうな気がします(笑)






実は前回の一里野で行われた世界戦のバンケットパーティーでMr.デュランゴと
ボディーデザインについてお話させて頂いた事が有ります。
あざらしがデュランゴのボディーを製作する!
という話には当然なりませんでしたが(笑)
あの時ドイツ語の通訳を買って出て頂いた方には非常に感謝しております。

さて。
その「シャーシデザインとボディーデザインの完璧な融合」をコンセプトの
一つとする当社のプロトタイプ・グレイシールですが、開発は遅れに遅れています。
当初予定していた春の正式発表はムリな情勢です。
お待ち頂いている皆様には深くお詫び申し上げます。
より完成度の高い車両を目指して地道に作業を続けておりますので気長に
お待ち頂ければと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る


 | HOME | 




Designed by GALPOP BLOG + GALPOP.NET ----- Powered by DTIブログ -----