大ネタ小ネタ。あざらし通信
  • 2009/11
  • 2009-12 :
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2010/01
今年もお世話になりました♪
2009年12月31日(木) 00:18
今年最後の更新です。

今年は念願のビッグタイトルも獲得でき、また全日本選手へのブース出展などを通じ
様々な地域のオフローダーの皆様と触れ合う事が出来実りの多い一年となりました。

一方で昨年発売できたパーツはワモーグボディーのみ。
来年はさらに開発スピードを上げ、カッコ良くて提案性のある商品を生み出せる様
さらにがんばります♪

来年の新商品第一弾は、開発に時間を掛け、じっくりと練り上げた
あの車のアレです(笑)

手前味噌ですが、すげぇカッコイイので期待してください!






それでは皆様よいお年を♪
来年も宜しくお願いいたします (`・ω・´)

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
充電器の皮を作ってみる
2009年12月23日(水) 23:14
世間様は完全にメリークリスマスな雰囲気ですね♪
ヨーロッパの某代理店様と色々とホットなやり取りをしていたのですが
クリスマス期間になると連絡がパッタリと途絶えました(笑)

恐るべしクリスマス休暇・・・・・


そんな訳で突然思い立って最近導入した充電器の皮を作ってみました。




あり合せのロゴデータなどを適当に並べてそれっぽいものを「色違い」
「デザイン違い」で数種類でっち上げます。




見栄えのよさそうな候補を取り出してテスト印刷。
データを修正し、市販のステッカー自作シートに印刷します。
スイッチや液晶などの位置は事前にデータの中には書き込んでありますが
もちろん本番印刷ではこのデータは消去。
後は実際に充電器のカバーに貼り付けた状態で不要部分を切り取る訳です。



で、出来上がったのがコレ・・・・・



シートガビミョウニマガッテル (;´Д`)



う〜ん・・・・
もうちょっと明るい色のほうが良かったかなぁ?

デザインに飽きたら貼り替える事も出来ますし、こんな遊び方もありかもですよ♪

このデータ、欲しい方がいらっしゃいましたらpdf形式でお分けしますので
お気軽にお問い合わせください。

貼り付けには充電器を分解する必要がありますし、市販されているような立派な物でも
ありませんので切り取りや位置あわせも含め、あくまで自己責任でのご使用となりますが・・・。


それでは、メリークリスマスって事で♪



このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
タティーゴ+ZX-5FS
2009年12月09日(水) 23:29
ちょっと体調が思わしくありません (´・ω・`)
ここしばらく夜更かし生活が続いていたので時差ぼけ状態なのでしょうか?

そんな中、クラッカワールドチャンピオン記念パックの発送を開始しました。
この世に50個しか無いシリアル付缶バッジ付です。
当然作った分はすべて出荷しましたので僕も持っていません(笑)



さてさて。
先日シンタニサーキットにお邪魔したときにこんな車を見せて頂きました。




京商さんのZX-5FSにタティーゴボディーを搭載しています。
チームあざらしで販売している「AZ-0004 ゴマーフ用アンダーカウル」は
長さの関係でFSには適合しませんが、タティーゴのアンダーカウルなら
バッチリ使用可能です。

アンダーカウルをフィッティングする時のポイントは
・前端部分はバンパー下にもぐりこませるようにカットする。
・サイド部分は↓写真のようにカットしシャーシ幅に合わせる。


といったところでしょうか。


純正とは大きく印象も変わりかなりカッコイイです♪



U松様。取材協力ありがとうございます♪


さてさてさて。

度々このブログにも登場するV-R-Tさん。




最近はDEX410とCAT-SXを走らせている事が多いのですが、彼のDEX410に
面白い物が付いていました。




自作のセンターワンウエイユニットです。
加工したインプットシャフトにアルミハウジングを取り付け、ワンウエイベアリングを
内臓してます。ハウジングはカーボンシート張りで偽装(笑)しています。

超ハイグリップコースのシンタニサーキットではワンウエイ使用率も
屋外コースに比べて高めです。
昨今の4WD車はフルタイム四駆が主流ですのでワンウエイはオプションでも
見かけなくなりました。
世に無いものが必要になれば自分で造る!というスタンスはラジコンの
醍醐味ですよね♪


・・・・・
無いものを造って売るのがパーツメーカーの仕事なのですがw
分かってます。分かってますよ〜 (;´Д`)


そんな訳で皆さんも是非試して見てくださいね♪


このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
冬の遊び道具を作ってみる その5 (多分最終回)
2009年12月08日(火) 00:41
そろそろ何がメインなのか分からなくなって来た当ブログですが
今回もMシャーシネタです(笑)

今回はかれこれ20年以上の付き合いになるRC仲間のお誘いでマスターズコートさんに
行ってきました。
初心者からスパーな上級者まで楽しめるマスターズコートさんですが
最近は北海道の1/12レーシングのメッカともいえるほど同カテゴリーが熱いようです。
スポンジタイヤのみ、薬剤の銘柄指定とはいえ、グリップ剤の染み込んだハイグリップ路面で
M04Sがどんな走りを見せるのか?
この路面でもチョリンチョリンのフラフラ綱渡りドライブならこの車はダメかもです(笑)
今回はバギー用のレース電池を投入。
リフェよりは重くなりますが、パワー勝負と言う事で・・・・




そんな訳で走行開始。
AMBポンダーをお借りしてタイム計測をしながらの走行です。
聞くところによると、ここでのMシャーシクラスのレースでの
ベストラップは速い人で10秒中盤ほどとの事。
本日のターゲットタイムは10秒台に入れる事とします。

さすがに路面温度が低いためか3ラップほどは注意が必要でしたが、少しだけ我慢すれば後は
快適にラップを重ねる事が出来ます。

ハンドリングバランスはHDCさんでの走行時と変わらない感じ。
ベストラップは11秒6くらい。

管理人さんに車を見て頂き、「足が柔らかすぎではないか?」
「もう少し硬い足で積極的にタイヤに荷重を載せる方が良いのでは?」
とのアドバイスをもらう。なるほど。やってみる。
とりあえずスプリングを交換。

確かにこっちのほうがシャープに動く。しかもグリップを失う感じも無い。
ロールしながらピョコピョコ跳ねる様な挙動をするのでダンパーオイルも硬くしてみる。

うん、いい感じ。
ベストラップ11秒4くらい
ここで僕の走りを見ていた管理人さん「走りが優しすぎでは?」
確かにちょっとビビリすぎかも?・・・・
頭を切り替えてちょっと荒っぽく扱ってみる。
なるほど、どうやらグリップを失う寸前をうまく使っているつもりで
勝手に限界点を低くしてしまっていた様だ。

「荒っぽく」を「積極的」に切り替えて走ると嘘みたいにスピードに乗る。なんか新鮮(笑)
ベストラップ11秒2くらい。

走り方に合わせた前後バランスの修正のためスプリングの変更。
リヤグリップが十分なのでフロントを積極的に動かすためにリバウンドを詰める。
コーナリング速度が上がった為かストレートで頭打ちしている様なので
ピニオンを19から21に変更・・・・・
スプリングはフロント黄色のヤツ。リヤは赤いヤツ。
もちろんガラクタ箱から発掘したので銘柄不明(笑)

等などの変更でベストラップは11秒000(笑)

残念ながらここで時間切れ。
わずか数時間でかなりいい子になりました♪







管理人さんの適切なアドバイスももちろんですが、ものすごく関心したのが
インフィールドのコースフェンスの作り方。
写真のように簡単に乗り上げてしまうほどの高さなのですがこれが絶妙。
思いっきり縁石に乗り上げても離陸したり転倒したりはしないのですが
わざとカットしてもぜんぜん速くない(笑)

車にやさしい安心サーキットですね♪
変な車(笑)のセッティングも適切なアドバイスもしてくれる親切な管理人さんもいますし♪



そんな訳でM04Sは十分走れるようになったので、ブログネタとしては一旦終了。

次回からはきちんと元の路線に戻しますよ〜 (`・ω・´)







このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る


 | HOME | 




Designed by GALPOP BLOG + GALPOP.NET ----- Powered by DTIブログ -----