大ネタ小ネタ。あざらし通信
  • 2010/03
  • 2010-04 :
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2010/05
誰が欲しがるのやら???
2010年04月08日(木) 12:44
チームあざらしWeb shopに塗装済みボディーをリスティングしてみました。







シリーズ(?)第一弾は"ねるそん”レプリカ!
僕自身がこのパターンしか塗れないという事情を考えても
一体誰が欲しがるのかさっぱり判らないラインナップですw

出来るだけ丁寧に塗装したつもりですが、プロペインターさんのような
ハイクオリティーは望むべくもありません (´・ω・`)

それでもいいよ♪という酔狂な方がいらっしましたら是非お願い致します♪

第2弾はあるのか無いのか・・・・

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
パチ物ビックリ物語
2010年04月05日(月) 22:48
コピー品が作られる製品の条件って何でしょうね?
優れた製品だからコピーされると信じたい・・・・(´・ω・`)

先日友人から「こんなのが売ってるけどOEM供給してるの?」とのメールが。
我々の製品のOEMを希望する酔狂なメーカーは今のところありませんが・・・
そう思いメールに貼られていた海外通販サイトのリンクを開くと。



どう見てもファンタスですw


因みにこっちは本物



清々しいほど同じですw


実は以前もヴァイカルのデザインを無断借用(笑)されたとこがあります。
でもその製品は「少しでも違う部分を作ろう」という努力が見えました。
善意で解釈すれば「オマージュ」とでも言いましょうか。
某有名英国サイトのフォーラムでは、そのメーカーの関係者が
「完全にウチのオリジナルだ!」と言い張っていたようですがw

オリジナルを生み出した人間の努力をあざ笑うようにサックリとパクられると
がっかりしちゃいますね (´・ω・`)

良いものを作ったから真似された。と考えれば励みにはなりますが・・・
模倣が技術の研鑽の一つの方法論だという事も理解できますし。


こんな事を考えつつ噂のチャイナデュランゴを見ると、チームデュランゴの
関係者のがっかり具合もものすごく理解できます。
※技術力もビジネス規模もウチとは桁違いですがw





しかしこの手のコピー商品を見るといつも思うのですが、この凄まじいまでの
技術力をどうしてオリジナルの開発に向ける事が出来ないんでしょうね?

短期間でこれだけのものを作る設備や技術があれば、そりゃいろんな物が
作れて楽しくて仕方ないと思うのですが。


そんな訳でさらにパクられちゃいそうなすごい物を生み出すべく脳みそコネコネ中です。
乞うご期待!
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
昨日の重大発表
2010年04月02日(金) 01:19
もちろん大嘘ですが何か?(笑)
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
重大発表!
2010年04月01日(木) 09:27
チームあざらしからの重大発表です。

このたびチームあざらしでは、長年皆様に愛されてきたブランド名を変更し
新たなスタートを切る事となりました。




新ブランドの名称は チームセイウチ 
巨大な牙がお茶目な海の王者です!

今度はこの海獣とともに世界征服を狙います♪

まず手始めは某航空宇宙産業のリーディングカンパニーとのコラボレーションで
実現した、常温超伝導技術を応用した「フルフローティングベアリング」を発売いたします。

これは超伝導物質で形成されたベアリングのインナーレースが磁気浮遊現象により
アウターレースから完全にフローティングする画期的なベアリングで
回転時に発生する転がり抵抗をゼロにする事が可能です。

秘密裏に開発および各方面へのプレゼンを行っていましたが、今シーズン
某英国F1チームが採用した”パッシブな車高コントロール装置”の基幹技術として
採用されています。



某F1チームのプレスリリースより写真抜粋





このフルフローティングベアリング技術はRCカー用ベアリングにも
応用可能な技術ですので、特許関係の問題に整理がつき次第、各サイズを
発売する予定です。
使用の際にはベアリングに電力を供給するための車載コントロールユニットや
車両に電力を供給するためのマイクロウエーブ送信装置が必要となりますが
これら運用に必要となるユニットも量産が進めばかなり安価でご提供可能かと思います。


そんな訳で今後ともチームセイウチをよろしくお願いいたします!

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る


 | HOME | 




Designed by GALPOP BLOG + GALPOP.NET ----- Powered by DTIブログ -----