大ネタ小ネタ。あざらし通信
  • 2010/12
  • 2011-01 :
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2011/02
サーボにドーピング(?)
2011年01月24日(月) 15:02
どうも♪
腰痛が酷くて非常に不快ですw
どうすりゃ良いんでしょね、これ。
(´・ω・`)



そんな訳で最近サーボの話ばかりですがもう少しお付き合い下さい。
近いうちにウチの製品の話しもできる予定ですので♪

愛用しているハイテックさんのHS-7940THは7.4V入力に対応した
いわゆる「ハイボルテージ仕様」と言うヤツです。
ふとこの事を思い出し、ハイボルテージを試してみました。



サーボのコネクターからプラスの線を分離してアンプのバッテリー+側入力に結線します。



とりあえずテストですので配線は外しやすいようにしてみます。
この形態の結線ですとアンプのスイッチを切ってもサーボには電気が
流れている状態になります。
要注意です。

これで準備は完了。
試しにステアリングを左右に振ってみると、笑っちゃう位の動作スピードの速さです。
「速い=偉い」 では無いことは判っていても思わずニヤリ。
しかしこの性能をコース上での速さに活かせるかは別問題ですw

早速コースインさせてみますが何か変・・・・
中間加速時にモーターがガチャつく「脱調」のような症状が出ます。
サーボをハイボルテージ化した事で高負荷環境ではバッテリーからの電力供給が
追いつかなくなっているようです。

ブラシレスモーターを使い始めた頃に同じような環境下でノーコンに悩まされた事を
思い出し、そのとき非常に有効だった受信機用キャパシターを装着してみました。

持ってて良かった双葉さんの高性能キャパシター♪



正直「こんな事で解決しないよな〜」などと思いながらコースインすると
全く問題なく走ります!
おお!キャパシターすげぇ!
サーボ速ぇ!

この応答速度の速さはちょっと未体験ゾーンです♪
すばやい切り替えしから操作ミスまでバッチリ追従しますw
スペック上では入力電圧を6Vから7.4Vにアップしてもスピードの差は0.01sec・60°です。
体感でこれほどの差が出るのはトルクアップの影響が大きいのかもしれません。
高速コーナーでの保持力の高いフィーリングはかなりステキです。

さて。
次はこのパフォーマンスをコース上の速さにつなげる工夫+練習と行きたい所なのですが・・・・

腰がw



そんな訳で皆さんもハイボルテージ仕様を試してみて下さいね。

注意!メーカーがハイボルテージ対応を謳っていないサーボを動力バッテリーに
直結するとほぼ間違いなくサーボが破損します。試す前にサーボの仕様書を確認して下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
本年初ラジコン
2011年01月12日(水) 23:04
更新頻度が・・・・

大好評の「あざらし豪華3点盛り」残数がちょっと寂しくなって来ています。
狙っている皆さんはハリーアップでございます♪




さて本題。

ここ数日は生粋の北海道民もビックリの積雪で正直ゲンナリです。
そんな中シンタニサーキットさんで今年初ラジです♪

車両はアソシB4。
カニックボディーとの相性もバッチリで気持ちよく走ってくれました。
旧バージョンでもアソシはやっぱりイイですね〜。
前回紹介したエンルートショックさんタワーとノーマルショックタワー(軟い方)との違いも
確認してみましたがカーボンショックタワーの方はフロントがしっかりする感じ。
コーナーの進入や切り返しでシャープな動きをします(そんな気がしますw)
反面路面のアンジュレーションがきつい場面ではフロントが「効き過ぎる」感じもしました。
しかしこの象のドロップキックを食らっても壊れなそうな感じは頼もしいですね♪
壊す時には強烈にぶっ壊す僕には嬉しいアイテムです。




今回は次の製品に関わる基礎的なデータ収集が目的でしたが、せっかくなので
最近導入した面白グッズを試して来ました。

最近お気に入りのハイテックサーボに使用できるサーボプログラマー「HPP-21」です。



ハイテックさんのサーボプログラマーにはハイエンドモデルもあるのですが
あえて一番安価なHPP-21を用意してみました。
決して予算の都合ではありませんw

使用するにはPCが必要ですが逆に考えるとPCさえあればこれで十分とも言えます。
本体は一般的な受信機程の大きさで非常にコンパクト。

使用するには別途ミニUSBケーブルと電源用の電池が必要です。
今回はデジカメに付属していたミニUSBケーブルと受信機電源用の電池ボックスを用意。



早速現場で設定してみました。

サーボは車載状態でこんな風に使用します。


設定はハイテックさんのHPからダウンロード可能なソフトを使用して行います。


英語版ですが操作は「みれば判る」くらいの難易度だと思います。
※プログラマーには日本語版説明書も付属していましたよ。


設定できる項目はハイエンドプロポの設定項目とほぼ同じ。
プロポで行う設定を最初からサーボに覚えさせるというアイテムです。
ニュートラル位置や左右のエンドポイント、最大動作角や動作スピード等を調整可能です。
もちろんサーボが持っている性能以上の設定はできませんのでトルクを増やしたり
スピードを上げたりすることは出来ません。

つまりサーボを搭載する車両や使用条件に合わせて最適化しておくことで
プロポ側の設定幅をもっと有効に使おうぜ!的なアイテムなのかなと。

そんなこんなで同行してきた息子の妨害を受けつつもテストは終了。
一応予定していたテスト項目は消化できました。
今回のテストでアイデアの有効性は確認出来ましたし方向性も定まりました。
ただそれらをキッチリ納得いく形にまとめるのはなかなか難しそうです。
新たな謎も生まれましたし・・・・・


いや〜。楽しいですね♪


それでは♪皆さんも・・・誰かウチの車庫前の除雪手伝って下さいw

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
明けましておめでとうございます。
2011年01月03日(月) 22:53
明けましておめでとうございます。
本年もチームあざらしを宜しくお願い致します♪

正月休みも無事に終わり、職場環境に復帰です。
お休み中に頂いたご注文は明日から順次発送いたします。

そんな訳で新年らしく新しい事を始めようと思いまして
twitterのアカウントなんぞを取ってみました。
@team_azarashiです。
使い方を全く理解していないのでいつまで続くか判りませんがw



それでは♪皆さんもフォローしてみて下さいね (`・ω・´)
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る


 | HOME | 




Designed by GALPOP BLOG + GALPOP.NET ----- Powered by DTIブログ -----