大ネタ小ネタ。あざらし通信
  • 2011/09
  • 2011-10 :
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2011/11
早速長くしてみる
2011年10月29日(土) 15:23
世界戦で話題になったB4の+8ミリシャーシが国内でも発売になりました♪

あざらしさん家にも着弾しましたので早速組み込んでみましたよ。


コンバージョンキットはメインシャーシと専用のバッテリーバー、
バッテリー位置決め用のスポンジが附属します。




組んであるほうがロングシャーシです。
ん?分りづらいですね・・・



この辺で比較するとどの位長いかが確認出来ます。


面白いのはB4.1になって消滅していたシャーシ裏のゲート跡が復活(?)している事。

おそらくB4シャーシの金型を流用したと思われますが材質もB4.1の柔らかい
物ではなくB4のシャーシに近い感じです。
錯覚かも知れませんがB4よりもちょっと硬いのかな?とも思いました。



もちろんアラルゴもミラクルフィット♪

この車はアラルゴミラクルフィット証拠物件として全日本選手権の
チームあざらしブースに展示します。



それでは、皆さんも大いに慌てて下さいw



このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
つまらんトラブル防止の為に
2011年10月24日(月) 22:57
思い起こせば昨年、4WDで謎の電源落ちに苦しんだ事がありました。
モーター、バッテリー、アンプ、受信機、果てはキャパシターまで
怪しい部分は全て点検しましたが全てシロ (´・ω・`)
正直お手上げだったのですが、ある方が「それヨーロピアンコネクターのせいじゃない?」と一言。
なるほど、確かに左右の電池を接続するブリッジ線のヨーロピアンが怪しいかも?

手始めにこの部分のヨーロピアンコネクターを新品に交換するとあっさり問題は解決しました。
さんざん悩んだのがアホみたいな話です。
それ以来事あるごとにヨーロピアンは新品に交換。通電チェックもマメに行うようにしてきました。


で、最近。
RC専門誌を見ていると、もはやデフメンテの必須アイテム「デフリングトゥルアー」でおなじみの
QTEQさんから面白いものが発売されているのを発見!早速取り寄せて見ました。

これ。パワーバナナです。

QTEQさんの製品は小さな部品であってもデザインにこだわりが感じられて大好きです♪



詳しい製品特徴は専門誌やQTEQさんのHPを見ていただくとして、気に入ったのはシンプルに
1個の部品で作られていること。
通常のヨーロピアンは接触部分と芯部分が別体で、この部分に埃が侵入したり
カシメは緩くなったりする事がトラブルの原因かと思われます。
正直通電効率云々の話はよく判りませんが、このシンプルな削り出し構造を見ただけで
「これは使える」と判断しました。


で、早速取り付けです。
四駆の方は各種事情で写真を出せませんので2WDに取り付けた写真を・・・
このように釘の頭のような部分にケーブルをハンダ付けします。
ハンダの乗りもバッチリですばやく作業できます。




TLR22に搭載している小型電池や通常のスティックリポや四駆用のセパレートリポでも
試して見ましたがメス側との相性にもばらつきは感じられませんでした。
しっかりと刺さって非常に安心感があります。

実際に走行させてみたフィーリングですが・・・・
正直何が変ったのかわかりませんw
この辺はトゥエルブやモデファイドツーリングなど、通電効率にシビアな
カテゴリーじゃないと判断できないかもです。
しかしこの「何があっても大丈夫」的なカッチリ感はオフロードカーにはありがたいです。



これで詰まらんトラブルの種が一つ減ったぜ! (`・ω・´)



そんな訳で皆さんもカレンダーを見てあまりの時間の無さに愕然として下さいね!



このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
意外に忙しいです。
2011年10月17日(月) 17:09
ちょっと忙しいです。
そんな訳でさらっと最近のことを♪

先週はHDCレースの今季最終戦にお邪魔してきました。
今回の車両はTLR22とアソシに見えるけど本当に中身がどうなってるかは
君の心に聞いてくれって感じのアレのアレ。



いい成績ならとっくにブログで自慢しているので結果は推して知るべしw
2WDは確か4位くらい。4WDは久々のBメインで撃沈。
レース後のお遊び走行ではすげぇ速かったのに何故Bメインだったんだろうw
家に帰ってから車をチェックすると左リヤのダンパーのロアキャップが割れて
ダンパーオイルが無くなってました (´・ω・`)
一体いつから入ってなかったんだw




ええと。
アルティマにアラルゴさん



B4.1にアラルゴさん



某誌の純文学コラムの影響で(?)スティックプロポに替えちゃった選手がw



twitter上でピンポイントに有名な「チームのざらし」キーホルダー



魔改造グラホは現在こんな感じ。
リヤサスペンションマウントをポリカ板から切り出して仮止め。
niCさんのグラホのサスマウントをベースに細かい部分を変更しています。
神様を冒涜しない範囲で(笑)アレンジしてます。


このサスマウント、8ミリのポリカ板を糸鋸でゴリゴリ切り出したのですが
ものすげぇ大変でしたw
切り出した・・・と言うより削り出したと言えるレベルです。(`・ω・´)

先は長いですがゆっくりじっくり楽しくやりますですよ。
春までに出来るかな〜♪


そんな訳で皆さんも突然飛行機に乗る事になってもビビらないで下さいね(謎)
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
ストレス解消!魔改造w
2011年10月07日(金) 16:14
お久しぶりです♪

コレといったネタがなく更新が滞っておりました。
もちろん様々な開発テストをコソコソ続けていますがお見せできるような物は・・・。

とりあえず今年も全日本選手権でブースを出展する予定ですので、その場で試作品を展示
するつもりです。とは言え持ち込める物量は少なめになりそうですね。

さてさて。
ストレス解消に楽しい楽しい魔改造を手がける事にしました。
商売抜きで改造車を作るのは久しぶりです♪

グラホ神ことnicさんにアドバイスをいただき作業に着手。
コンセプトは現代風装備をフル装備した「悪魔のグラホ」ですw
グラスホッパーをベースに
・4独化
・スリッパークラッチ装備
・ワイパー式のステアリングシステム導入
・エアレーションダンパー装備
はやりたいなと思っています。

そんな訳で早速ギヤボックスの改造に着手。
4独グラホのお約束でホーシングをぶった切ります。



カワダB2Xのスリッパーを組み込みました。
トップシャフトとスリッパーディスクを加工して使用しています。
外側のディスクをベアリングで支える構造です。
スリッパースプリングをどうするかが問題ですね・・・・

銀色のギヤは0.8モジュールの16Tピニオンギヤのシャフト径をφ5.0に穿孔しなおして
使用しています。
デフはワイルドウィリー2用です。
各ギヤはギヤケースにベアリングホールを空けなおしてシャフトを貫通
させる構造に変更しました。


写真では分り難いですが、デフキャリア部分はダブルベアリングで
支えるように加工しています。




とりあえずギヤボックスの仮組完了。



ここまで終わって気が付いたのですが、この構造だとデフキャリアにグリスを塗ると
スリッパーもネチョネチョになっちゃいますねw



さあ、飽きずに完成させることが出来るのかww
それでは皆さんあまり期待しないで待ってて下さいね♪





このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る


 | HOME | 




Designed by GALPOP BLOG + GALPOP.NET ----- Powered by DTIブログ -----