大ネタ小ネタ。あざらし通信
  • 2011/12
  • 2012-01 :
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2012/02
うん、いい所に気がついたね。
2012年01月20日(金) 10:33
と、言ってしまっては失礼かもしれませんがKOプロポさんの新製品「EX-1」には感銘を受けました。



これが普通のホイラープロポであれば「ふーん」で終わるところですが
今回の新生EX-1にはビックリドッキリメカが!



スティックアダプター!

以前RCワールド誌のコラムに書きましたが、僕はブレーキ操作に関しては
ホイラーよりもスティックにアドバンテージが有ると思っています。
しかしスロットル操作はもしかしたらトリガー型の方が優れたインターフェイスでは?
とも思っていました。

ホイラー型送信機にスティックのステアリングを移植する手法自体は古くから改造品として
存在していましたが、これをメーカーが純正オプションで設定する時代が来るとはw

これは是非試して見たい!
とは言いつつもエグゼスXを導入したばかりで、おじさんの使える小遣いにも限界がw


と、(´・ω・`) ショボーン なお話になるのでした…



それでは。皆さんもどんな操作感なのか妄想してみて下さいね!

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
調子が戻って来た…かな?
2012年01月15日(日) 23:47
最近は週末ごとに練習するようにしています。
製品テストなどは一切無し。ひたすら走りこみです。
その甲斐あってか少しだけ勘が戻って来た気もします…



しかしTLR22はいい子です。一度「こんな感じかな?」というセットが見付かれば
何処へ行っても殆どバランスが変りません。
デフやスリッパーを飼い慣らすのが難しい気もしますけど。
壊れないのも重要なポイント。これまでの運用で壊れたのはサスピンネジの折損くらいです。
ラックスライダー等は定期交換が必要かと思いますが運用は非常に楽ちんです。



さてさて。そんな中でも気になる人気車種がDEX210です。
この時季お世話になりっぱなしのシンタニサーキットでも大増殖中w
ミッドにリヤモーターに4ギヤに3ギヤにと様々な仕様が走り回っていますが
みんな気になるオプションが8レーシングのカーボン部品。

昨年の全日本チャレンジャーU松さんが早速組み込んでいました。
メインシャーシの交換を見学していましたが…


こうして…



これで交換完了w


気になる重量ですが

標準シャーシ106g



8レーシングカーボン 53g


半分ですよ奥さん!
他の部分で50g軽くするのはかなり難しいですからこれだけでも効果的な部品だと言えます。
そして緩めになるシャーシ剛性もいい方向に作用するのでは?と勝手に予想します。
この部分は硬ければいいとか緩ければいいとか言う簡単な問題ではありませんが…
これは走るのが楽しみ!と思っていたら時間切れ。
来週のお楽しみですね。


こうなるとTLR22も同じような手法でカーボンシャーシ化できるかも?
と思いますが、TLR22のメインシャーシは平板じゃないどころかスキッドやら
サイド部分の持ち上がりやらで結構複雑な形状ですので…

すげぇ金額になりそうですw
こりゃ妄想だけにとどめておくのが吉かと (´・ω・`)


そんな訳で皆さんも色々妄想してみて下さいね!
そして実現できそうな妄想はinfo@team-azarashi.comまでw






このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
あけましておめでとうございます
2012年01月06日(金) 13:44
あけましておめでとうございます。
本年もチームあざらしを宜しくお願い致します。

さてさて。僕の年始ですがいきなり病院送りから始まりましたw
3日の夜にくしゃみをしたところ背中から「ブチっ」という嫌な音が…
そのときにはそれほど痛まなかったのですが、翌朝からは非常に痛い。
寝ても痛い、起きても痛い、食べても痛い、息をしても痛い…
4日の仕事始めは放置していた仕事を片付ける為に我慢しましたが
5日は更に痛む!物を持てない運転も出来ない…朝から出る言葉は「痛ぇ!」だけ。
病院が嫌いな僕もさすがに観念して病院へ。

始めて行く近所の整形外科病院だったのですが、2時間待たされた挙句出てきた医者は
僕の身体を見る前に問診表とレントゲンだけで病状の解説を始めました。

「レントゲンで見ると君の首の骨の6番目に出っ張りが見えるねぇ」
「まあ、このレントゲンにはきちんと映ってないけど」

「ここから出ている神経がこの出っ張りに押されて痛みを感じるんだよ」
「だから右の手のひらと左の手のひらを刺激すると感じ方が違うだろ」
と僕の手のひらをチクチク

「いやあ…同じに感じますよ?」
「そうか」

「そして肩をこうすると猛烈に痛いだろ?」
そう言って僕の腕を横に持ち上げる。
「いや…それほどでも」
「そうか」

「首の神経が原因だから首を後に反り返らせると痛いんだよ」
そう言って思いっきり上を向くように指示する
「いや…それほどでも」
「そうか」


「じゃあ、痛み止めと傷ついた神経を修復する薬を出すから。
改善しなかったらまた来なさい キリッ」

そんな感じで診察なのかごり押しなのか分らんやり取りを経て薬を入手。
素直に薬を飲んで一日安静にしていると…


直った〜!! d(`・ω・´)


ああ、お医者様。ヤブ医者だなんて思ってごめんなさいw

そんな訳で身体も好調になりました。
2012年チームあざらし本格始動ですよ。









このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る


 | HOME | 




Designed by GALPOP BLOG + GALPOP.NET ----- Powered by DTIブログ -----