大ネタ小ネタ。あざらし通信
  • 2017/07
  • 2017-08 :
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017/09
G Forceやるよ♪
2013年07月26日(金) 10:59
今年も全日本にエントリーしました♪
飛行機も取っちゃったしもう後には引けないです ((((;゚Д゚))))

その全日本まで約1ヶ月。やれる事は限られてます。
2WDはB-MAX2MRロンタム号あざらしモデファイ
4WDはレッドシールとグレイシールを持ち込みます。
3台とも地元サーキットではとてもよく走りますのでこちらはOK。
後はちゃんと運転できるかですねw

さてさて。
これまでパワーユニットに関してはびっくりするほどフリーダムだった
あざらしさんですが、新ブランド「G force」のフィールドテストを
させて頂く事になりました。



こちらが「G force」の製品たち
ハイエンドレース向けESC TS120(青い方)
ミドルクラスESC TS90(赤い方)
進角調整式モーター スーパーソニック 
進角固定式モーター スーパーヴェロシティー
などなど…
※スーパーソニックは市販時はガンメタアルマイトになります。


見た目は某メジャー製品に似ていますが中身は全く別物。
ケースの大きさも某V3系よりちょっぴり大きいそうです。
当然レースで使用するのは120AモデルのTS120になります。


こちらのESCはシリコンコードがハンダ付けされていない状態で
出荷されるとの事。約1mの12Gワイヤーと各色のヒシチューブが付属。
ファンは風量十分な静音タイプが付属します。
実際に電源を投入してましたが確かに静かかも…
しかしビス2点止めではビビリ音も発生します (´・ω・`)
この辺は販売開始までには対策されると思います。

ちなみに90AモデルのTS90はシリコンコードやキャパシタが配線済みです。
各種設定はTS120同様に行えます。

その設定は通常のプログラムカードはもちろんBlueToothアダプター(オプション)を
使用してiphoneやタブレットからの設定が可能です。





英語版のテスト用アプリの画面ですが…






このように感覚的に使えるインターフェースがステキなアプリで
ブーストやターボなどの設定が行えます。

アダプター自体はコンパクトですのでスピードパッションのように車載したままに出来れば
面白いですよね♪
とりあえず車載した状態でテストしてみます。
ぶっ壊れないか確認ですねw

ちなみに設定用アプリはiPhone用が先行開発されていますが
Android用も用意されるとの事ですよ♪

モーターはJMRCAの公認を取っていないので全日本には使用できませんが
ESCは4WDに搭載して全日本に出場します。

これらの製品は新興メーカーG Forceから今秋販売開始予定。
お値段もお求め安い価格帯に設定されるそうなのでご期待下さい♪



それでは。皆さんも大事な画像の入ったSDカードをフォーマットて慌てて下さいね♪
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る


 | HOME | 




Designed by GALPOP BLOG + GALPOP.NET ----- Powered by DTIブログ -----