大ネタ小ネタ。あざらし通信
  • 2017/08
  • 2017-09 :
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2017/10
コレは素晴らしい♪
2009年06月28日(日) 11:27
最近RCショップでは様々な便利グッズが売られていますよね。
僕も面白そうな物は実際に購入して試すことが多いのですが
近年稀に見る大当たり!と言える商品をゲットしました♪

MULTIVERSE
様が展開するキューテックブランドの「デフリングトゥルーアー」です。






・良いデフ
・良いダンパー
・良いスリッパー
は良く走るバギー作りには欠かせない物だと思っていますが
このデフリングトゥルーアーは「良いデフ」を作る強力な武器になりそうです。

早速手持ちのデフリングに使用してみました。
こんな感じでステージと言う部品にデフリングをセットします。



2ミリのセットビスを使用し、ビスの頭がデフリングよりも出ないように
セットします。デフリングによっては薄いのか上手くセット出来ない物もあるようです。
今回は写真のようにリングを2枚重ねて対応しました。





そしてマニュアル通り研磨開始♪
付属のペンを使ってステージをクルクル回します。
研磨に使用するのは耐水ペーパーでは無く、工業用のラッピングフィルムです。
セットには番手の異なるフィルムが3種類各2枚付属していました。





研磨完了後のデフリングです。
ツルツルピカピカの真平らです♪





早速組んで見ましたが研磨前とは比較にならないスムーズさ (`・ω・´)
緩めにしても滑りにくい、きつめにしてもゴリゴリにならない・・・・
かなりステキです。
手作業でデフリングの研磨作業を行う場合、このレベルのデフリングは
なかなか作る事は出来ないと思います。

これで仕上げたデフリングに新品のデフボールを使用してデフを組めば
かなりメンテナンスサイクルも延ばせそうです。
良いデフがあれば、これまで悩んできたおかしな挙動が収まることもしばしば。

気持ちよく走るバギーを楽しむ為にもデフに拘ってみてはいかがでしょう?


皆さんも是非試して見てくださいね♪
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る


 | HOME | 




Designed by GALPOP BLOG + GALPOP.NET ----- Powered by DTIブログ -----